航空券の予約の仕方

航空券を予約する方法はいくつか種類があります。ここでは、航空券を安く手に入れるための予約方法をご紹介します。

航空券を安く手に入れるには?

no.1

スカイスキャナーを使って予約する

スカイスキャナーを使えば、日程や目的地を入力するだけで最安値の航空券を調べることができます。

no.2

エラーチケットの専門サイトをチェックする

航空会社のシステムエラーで販売されたものがエラーチケットと言います。このチケットを購入すれば、安く手に入れることができます。

no.3

シーズンや週末はできる限り外す

航空券はシーズンや週末などの時期によって金額が大きく違ってきます。安く航空券を手に入れたいのであれば、平日やシーズンオフを狙いましょう。

no.4

マイルを上手に活用する

海外旅行や出張などで飛行機を普段から多く利用するという人は、マイルを活用しましょう。

no.5

予定がわかっていれば早割を活用する

旅行に行く日程があらかじめわかっているのであれば、早割を活用すれば航空券を安く手に入れることができます。

パネル操作

航空会社で選ぶという方法

日本国内の空港には様々な航空会社の飛行機が離発着しています。特に、規模の大きな空港の場合、便数がそれに比例して触れるため、利便性やその後の予定に合わせて航空会社を選ぶことができます。他方で、離島へのアクセスとなると、それぞれの航空会社が分担して発着をするため、利用できる航空会社が限られているのです。選択肢の多い空港の場合、航空券を予約する際には、好みや使い勝手の良さで航空会社を選ぶことができます。特に、レガシーキャリアの場合には会員制度やサービスを充実させることで、会員の囲い込みを行っているため、必然的に選ぶ航空会社は会員であるか否かによって決まってくるでしょう。他方で、離島へアクセスする場合には選択肢は限られています。航空会社も多くの便数を発着することができないので、時間によって選ぶことになります。

以前に比べて利用しやすくなったこと

飛行機を利用して国内を旅する人が増えている背景には、以前に比べて飛行機が格段に利用しやすくなったという理由があります。ネット上での格安航空券の比較サイトが充実したり、最安値で航空券を簡単に見つけることができるようになりました。旅行会社の窓口へわざわざ足を運ぶ必要がなくなり、自宅にいながら安く航空券を探して予約までの手続きを行うことができるようになったのです。航空券は時期によって値段が大きく異なります。お盆やお正月といった繁忙期には、必然的に値段が上昇します。その理由は、あえて航空券の値段を下げなくても利用者を獲得することができるので、各航空会社共に強気の姿勢でチケットを売り出します。他方で、オフシーズンである9月から10月、それに1月後半から2月にかけては安いチケットを出して乗客を獲得します。

広告募集中